2015年10月31日

濃厚豚骨魚介醤油らぁ麺

久しぶりに豚骨魚介系のラーメンを作ってみました。

濃厚豚骨魚介醤油らぁ麺

tonkotsugyokai_201510.jpg


しばらく鶏スープをメインに実践を続けていましたが、久々に作る豚骨も以前より美味しく作れる様になっていました。
鶏だろうが豚だろうが、基本的な事はそれ程変わらないのでしょうね。

豚骨スープは長時間煮込んだこともあり、除去するのが大変な位の骨粉がたっぷりと出てきました。

豚足とかは使わなかったので、普段作るモミジを使った鶏白湯程の粘度にはなりませんでしたが、豚の旨味はたっぷりと詰まっていました。

その豚スープを活かす為に、Wスープではなく魚介素材を後から一緒に時間差で炊き込んで豚骨魚介スープにすることに。
タレは、各種魚介素材から十分動物系以外の旨味が出ていたので、ほぼ醤油そのままで使用しました。
(醤油風味に染めたくなかったので、少し塩ダレも併用しました)

麺は春よ恋を使った多加水太麺です。
濃厚スープにはこういう歯応えの強い麺が合いますね。

なかなか出来の良い一杯でした。
posted by BBSHIN at 23:16| Comment(0) | ラーメン

2015年10月20日

濃厚鶏白湯サンマつけ麺

濃厚な鶏白湯スープにサンマ魚粉を加えたつけ麺を作ってみました。

toripai_sanma_201509.jpg


手鍋でサンマ魚粉出汁を取りつつ、濾さずに器に入れて魚粉感もそのまま残しました。

甘味と酸味も加え、最近の濃厚つけ麺風にしてみました。

強い魚介風味と濃厚な動物系が合わさりインパクト大でした。

カツオ魚粉には慣れがあるので、サンマ魚粉は独特な味に感じます。

美味しかったでするんるん
posted by BBSHIN at 08:01| Comment(0) | つけ麺

2015年09月15日

鶏脂を購入

普段ラーメンに浮かべる鶏油は、鶏清湯スープ作りの際に浮かび上がるものを使用していますが、多めに油を使った場合、スープの量に対して油が足りなくなるケースがあります。

そうした場合は、鶏油だけを買うか、作るかする必要があります。

私の住んでる地域の精肉店では液体状態にして凍らせた鶏油は大抵1キロ単位での販売となっており、自宅ではそこまでの量を必要としていないので、少量の鶏皮などを購入し、煮たり、炒めたりして鶏油を作っています。
そうした中、今回は鶏の脂を購入してみる事としました。

tiyu_201509_1.jpg


パッケージを見ると岩手県の「十文字チキンカンパニー」という会社の商品みたいですね。


今回は水から煮出す方法を取ります。

tiyu_201509_2.jpg


徐々に脂が浮いてきます。

tiyu_201509_3.jpg


沸騰させない様にしばらく煮込むとたっぷりの脂が出てきました。

tiyu_201509_4.jpg


濾してビンにつめて出来上がりです。

tiyu_201509_5.jpg


今回使った物は、それ程鶏臭さはありませんでした。
個人的にはいかにもな国産ブロイラーの鶏臭は嫌いではないので、若干物足りない部分はありましたが、嫌味が無くコクもあり使いやすい脂だと思います。
扱い方も簡単なのでとても便利な商品だと思いました。

お好みで生姜やニンニク等で香り付けしても良いでしょう。
posted by BBSHIN at 23:42| Comment(0) | 香味油