2016年07月26日

ブリの頭から取ったスープ

今回はブリの頭を使い鮮魚系スープを作ります。

buri_201606_1.jpg


臭みを消すために、焼いたり干したりという手法もありますが、今回は臭いも含めてブリが強烈なスープを作りたいと思い、香味野菜で緩和させる方法を取る事としました。


浮かび上がるアクを除去します。

buri_201606_2.jpg


生姜を数片投入

buri_201606_3.jpg


トッピングにも使うブリの身をカットします。

buri_201606_4.jpg


スープでボイルし、スープに旨味を移します。

buri_201606_5.jpg


ブリの身はチャーシューダレに漬け込みます。

buri_201606_6.jpg


棒でブリの骨を崩す様に煮込むと、終了時にはこんな感じになります。

buri_201606_7.jpg


煮込み終えたスープを濾します。

buri_201606_8.jpg


上に浮いた油を取り分けます。

buri_201606_9.jpg


スープは一晩冷蔵し寝かせます。

buri_201606_10.jpg


コラーゲンたっぷりのブリ清湯は、冷やすとプルンプルンの状態となります。

buri_201606_11.jpg


今回のスープを使い作ったラーメンはこちら
posted by BBSHIN at 00:02| Comment(0) | スープ

2016年06月30日

濃厚ニボ白湯

今回はウルメをたっぷりと使った濃厚煮干しラーメンを作ってみたいと思います。

今回使う魚介素材はこちら

nibopaitan_201606_1.jpg


こちらを出汁が出やすい様に、粉末にします。

nibopaitan_201606_2.jpg


事前に仕込み、冷凍しておいた濃厚白湯スープを手鍋で温めます。

nibopaitan_201606_3.jpg


魚粉を加えます。
今回は、ラーメン一杯に対し、2尾分のウルメを使用しました。

nibopaitan_201606_4.jpg


ガンガン沸騰させたりはせず、程ほどの火力で少し煮込んで出汁を動物系スープに行き渡らせます。
魚粉は丼に注ぐ際に濾します。

nibopaitan_201606_5.jpg


出来上がりはこちら


濃厚ニボ白湯塩

nibopaitan_201606_6.jpg


トッピングとしては、素揚げのレンコンやロースチャーシュー、水菜、メンマなどをのせました。

トロみたっぷりの濃厚動物系白湯に、強烈に加わる煮干し出汁がインパクト抜群でした。

タレは色々な旨味を詰め込んだ塩ダレを用いました。

かなり納得のいく出来の一杯となりました手(チョキ)



もう一杯作ってみました。

濃厚ニボ白湯醤油

nibopaitan_201606_7.jpg


醤油の旨味、風味が加わり、味に広がりがあります。
濃い煮干し出汁と醤油は合いますねぴかぴか(新しい)

ただ、塩とそこまで大きな差が出ないのが不思議です。
出汁がかなり濃いと醤油風味すら覆い隠すというのは予想外でした。
大抵は、醤油や味噌が出汁を分かりにくくする事が多いんですけどね。
posted by BBSHIN at 12:41| Comment(2) | ラーメン

2016年06月09日

湯浅醤油 再仕込醤油らーめん

醤油の風味を活かした一杯を作ってみました。

yuasa201606_2.jpg


使った醤油はこちら

湯浅醤油の再仕込醤油

yuasa201606_1.jpg


今回は動物系スープ以外は醤油のみという構成にした為、若干単調な味となりましたが、醤油の深みある味わいだけでも結構いける味となりました。

カツオ節、煮干し等の魚介系を少量プラスするだけで、バランスの良い味になりそうな予感です。

ちなみに、使った事のない調味料などをメインに据えたラーメンを作る時、私の場合はまず、それを単体で試す事にしています。
色々な素材を入れた中から、不要なものを見極めて抜くよりも、物足りなさを感じる位のところに足す方が簡単なもので。

まあ、この辺は人それぞれのアプローチの仕方があるのでしょうね。
私の様な素人でも、徐々に慣れてくると、過去に自分が使った事がある素材の組み合わせや配分である程度の味のイメージは出来る様になってくるので、レベルの高い人なんかはいきなり狙った味をバシっと作れるのかもしれませんね。
posted by BBSHIN at 23:30| Comment(0) | ラーメン