2018年10月09日

鰹出汁が効いた味玉作り

約30人にラーメンを提供する際のトッピング作りについてです。

前記事のメンマに続いて、今回は味玉作りです。

メンマ作り記事はこちら

半熟味玉を1人前に半個ずつのせる予定で、少し多めに20個の味玉を作る事としました。

設備の都合上、10個ずつ、2回に分けて作ることに。

家庭だと、水から茹で玉子を作る人もいますが、沸騰するまでの時間が水量や火の強さによって異なるので、半熟加減が調整しづらくなります。
という事で沸騰状態から玉子を入れる事となります。

そのまま生卵を沸騰した鍋に投入すると、鍋底にガツっと当たり割れる事も多いので、2〜3個であればお玉でゆっくりと入れる様にしていますが、今回はそれでは大変なので、スープ濾しに使っているザルに入れてお湯に投入してみました。

ajitama_201810_1.jpg


時間は、7分位で半熟となりますが、軽くトロっとした位が好きなので6分45秒にしています。


茹であがった玉子はすぐに水につけます。

ajitama_201810_2.jpg


玉子が熱い状態になっているので、水につけずにいると、余熱で黄身がどんどんと硬くなっていきます。
という事もあり、単につけるのではなく、流水が良いと思います。



水を流しながら殻を剥いていきます。

ajitama_201810_3.jpg


その他の仕込みをやりながら、玉子も20個あったので、丁寧にやろうと思いつつも、急いでやったらいくつか白身が崩れてしまいました。。
半味玉なので、白身部分は人に見られる事なく食べられるので、そこまで丁寧にやらなくてもスピード優先で良いかなという妥協もありました。



出汁醤油は、メンマ記事に載せたものと同じものを使用します。

ajitama_201810_4.jpg


手間を考え、メンマ、味玉両方に使えそうな和風出汁としておきました。



出来上がり

ajitama_201810_5.jpg


半分に切ると、、

ajitama_201810_6.jpg


当日は仕込みが出来なそうだったので、前日夕方にカットしました。
黄身が乾燥してしまうのではという不安もありましたが、蓋をした容器に入れて冷蔵したところ、そこまで大きな影響はありませんでした。

ちなみに、味玉は包丁ではなく、一方を固定した糸を用い、片手で玉子を持ち、もう一方の手で引っ張った糸で切ると、豆腐を切る様に簡単に切れます。
包丁の場合は、黄身がたくさん包丁についてしまいますが、糸の場合は黄身がつくのもごくわずかです。
当日の提供場所では、そうした事が出来なそうだったのも、事前にカットした理由でした。

ただ、当然食べる寸前に切るのが、乾燥を防いだり、衛生面を考えても一番良いと思います。


肝心の味の方ですが、トロトロの半熟具合に、濃い魚介出汁が染み、美味しい味玉に仕上がっていたと思います。
食べた人からもかなり好評の声が上がっていました。
posted by BBSHIN at 00:24| Comment(0) | 具材・トッピング

2018年09月26日

水煮メンマを使った和風醤油味のメンマ作り

濃厚魚介ラーメンを約30人に提供する為に、スープを作った後にトッピングを作っていました。

スープ作り記事はこちら

スープは数日前に作り冷凍保管、トッピングは前日に作り冷蔵保管で当日を迎えるというイメージでした。

まずはメンマ作りです。

使用するのは水煮メンマです。

menma_201809_1.jpg


塩蔵メンマは塩抜き作業が必要となりますが、水煮は比較的簡単です。

ただ、メンマにパックの中の液体が染み込んでいるので、そちらを水に漬けて塩抜きならぬ水抜きを行います。
染み込んでいた液体を普通の水に置き換える意図で行います。
最終的には、出汁を染み込ます作業があるので、2段階で入れ替えが行われる形となります。

ラーメン屋さんなどでも、水煮メンマを営業中の厨房の片隅で水に漬けた水煮メンマを見かけます。
私はそこまで時間をかけませんでしたが、丸1日、もしくは何日か、何度も水を変えたりして念入りにやっているところもある様です。




今回染み込ませるのは魚介出汁となります。

比較的安価で強い出汁が取れる日高昆布を水に浸け、ゆっくりと煮出します。

menma_201809_2.jpg


沸騰してきたら花かつおを入れます。

menma_201809_3.jpg


そして濾したら鰹出汁の出来上がり

menma_201809_4.jpg


そこに醤油メインの調味液を入れます。

menma_201809_5.jpg


醤油が濃すぎると、しょっぱくなり過ぎるので要注意。
個人的好みではうどんなどの汁よりも少ししょっぱい位がちょうど良いかなと。

あと、過去に同様の手法で作った時に醤油風味がメインで単調な味となったので、今回は魚介出汁強め、そして、隠し味程度に旨味と苦味の強い塩麹を入れました。


煮込みます。

menma_201809_6.jpg


そして出来上がり

menma_201809_7.jpg


こちらのメンマ、なかなか好評でした!
posted by BBSHIN at 22:30| Comment(0) | 具材・トッピング

2015年04月05日

真空パック器を用いた鶏チャーシュー作り

真空パック器を用いて鶏チャーシューを作りたいと思います。

今回は真空低温調理ではなく、茹でる事で肉の旨味が流れ出す事を防ぐ事を目的で真空パックを用いています。

使うのは鶏の胸肉です。

torityasyu_201503_1.jpg


真空パックにします。

torityasyu_201503_2.jpg


沸騰させない様にゆっくり茹でます。

torityasyu_201503_3.jpg

torityasyu_201503_4.jpg

torityasyu_201503_5.jpg


沸騰状態を保ち、高温で茹でると、パックの中が肉汁で溢れかえってしまうので、タレで煮込んだりする場合と変わらない状態となってしまうので、温度管理は要注意です。


タレに漬け込みます。

torityasyu_201503_6.jpg


鶏肉は豚肉よりも味の染みこみが早いので、豚の時よりも塩分低め、もしくは漬け込み時間を短くした方が良さそうです。


出来上がり

torityasyu_201503_7.jpg


カットしてみると

torityasyu_201503_8.jpg


狙い通り、肉の旨味がしっかりと残ったしっとりとした鶏チャーシューが出来上がりました。

真空パックを用いたりしなくとも、オーブンを用いても似た様な仕上がりにする事が出来ます。
posted by BBSHIN at 23:20| Comment(0) | 具材・トッピング