2015年06月13日

6 6 0mlエア弁付き容器

スーパーで内容量660mlのタッパを購入しました。

tappa_201506_1.jpg

tappa_201506_2.jpg


こちらのタイプは何個も持っているのですが、追加が必要となり2つセットを購入しました。

この商品の便利な点としては「エア弁」がついている点です。
この穴がある事で、フタをしたまま電子レンジでチンしても圧力でフタが弾け飛ぶ事もありません。

また、4ヶ所でガッチリとロック出来るのも良いですね。
こぼれる心配なく、スープを保管する事が出来ます。
ロック無しや2ヶ所ロックだと、ふとした拍子に液体がこぼれてしまいますしね。
posted by BBSHIN at 16:51| Comment(0) | 調理器具

2015年06月09日

8リットル容器

多めのスープを保管する為に8リットル入る容器を購入しました。

8l_youki.jpg


実はこちらのタイプを購入するのは、これで2度目です。

既に使っているーつ目の使い心地が良かったので、2個目も同じものを購入する事としました。

ちなみに、何故二つ目を購入したのかというと、この容器に目一杯入れると20食弱分位を保管出来、先日30人以上に提供する事になった際に、一つではスープが足りなかったので、もう一つ購入する事としました。

3〜40食分が一度に保存可能な容器にしなかった理由としては、家庭用の冷蔵庫ではこれ以上大きいと、入らなくなってしまうからです。
このタイプなら、工夫すれば二つ入ったもので。

まあ、普通に生活していれば、これを二つ同時使用する事はまずないのですけどね・・・
posted by BBSHIN at 21:45| Comment(0) | 調理器具

2015年06月08日

180ccのレードル

業務用の器具店にて1 8 0 c cのレードルを購入しました。

180cc.jpg


今までも1 4 4 c c、2 0 0 c cなどは持っていたのですが、1 8 0 c cは持っていなかったので欲しいと思ってい
ました。

ちなみに使い道としては、最近私が作るラーメンのスープは3 6 O c cが基本となっており、半々のWスープを作る際に、3 6 0 c cレードルの中に目分量で2種類を注ぎ、合わせて3 6 0 c cになる様に調節していました。
ただ、その様なやり方では配分が適当になってしまうだけでなく、手間もかかるので、半分の量が正確に量れるレードルが欲しいと思っていました。

実際使ってみたところ、Wスープの計量がかなり楽になりました。

まあ、これが普通であり、今までがアバウト過ぎだったのでしょうね。。
posted by BBSHIN at 21:16| Comment(0) | 調理器具