2017年11月06日

清湯スープと白湯スープを同時仕込み

久しぶりのスープ作りです。

引っ越した事もあり、以前の狭いキッチンから、新しいスペースに余裕にあるキッチンとなりました。

色々と変わった事もあり、手探りしながらの作業でした。

特に変わった仕様にしたりは出来ず、一般的な普通のシステムキッチンです。
ただ、狭いアパートのものとは違い、大分使いやすいです。

シンクが大きく、20リットルのバケツが二つ入りました。

201711tintanpaitan_1.jpg


動物系ガラを水に漬け、血抜きをしました。

この辺りは色々な考え方があり、

・下茹でをする
・アク取りのみ

など、色々なやり方を取っているお店があります。
私の場合は、血抜きをしたうえでアクをしっかりと取るという手法を取っています。



コンロがこちら

201711tintanpaitan_2.jpg


3つ口があるので、2つの寸胴を煮込みながら、タレやトッピングの仕込みが出来る・・・

かと思っていましたが、考えが甘かった様です。


2つ寸胴を置いたら、もう一つ鍋を置くどころではありませんでした。

201711tintanpaitan_3.jpg


今回は以前よりも素材量を減らして仕込む事としました。

201711tintanpaitan_4.jpg


理由としては、大きい寸胴でスープを作ると、家庭の食事としては多すぎの量が出来てしまい余ってしまわない様に、日々自分が作ったラーメンを食べなくてはいけなくなってしまうからです。


煮込み中の寸胴

201711tintanpaitan_5.jpg


途中、豚肉、鶏肉を加えました。

201711tintanpaitan_6.jpg

201711tintanpaitan_7.jpg


当然、肉としても頂くつもりではありますが、一番の目的はスープに肉の旨味を与える事です。
という事もあり、見た目などは特に気にせず、型崩れ防止用に縛ったりなどはしませんでした。


見た目は気にしませんが、当然チャーシューとして利用するので、タレを仕込みます。

先ほども書いた様に、コンロは埋まっているので、電磁調理器を使用しました。

201711tintanpaitan_8.jpg


酒や砂糖、各種調味料などを入れ、いったん沸かして、流水で冷まします。


肉の旨味はそこそこ残そうかとも思いましたが、しっかりと弱火で1時間半程煮込みました。

白湯鍋

201711tintanpaitan_9.jpg

清湯鍋

201711tintanpaitan_10.jpg



チャーシュータレへの漬け込み



201711tintanpaitan_11.jpg


肉の旨味がスープに移り、若干パサパサ気味となっていそうだったので、タレの味を濃い目にしておきました。


こっから白湯鍋の火力を強めます。

201711tintanpaitan_13.jpg


先に清湯の鍋の煮込みを終え、流水で冷やします。

201711tintanpaitan_14.jpg


完全に冷える前に濾しました。

201711tintanpaitan_15.jpg


上に浮いた脂は、熱いうちにすくって分離しても良かったですが、後にする事にしました。


冷蔵庫で冷却

201711tintanpaitan_16.jpg


すると、浮いた脂が固まります。

201711tintanpaitan_19.jpg


これをすくい取り、瓶に保存し、動物系油として利用します。

201711tintanpaitan_20.jpg


ゼリー状の清湯スープ

201711tintanpaitan_21.jpg


白湯スープは、煮込みが進み、水分の減少とともに、かなり濃厚になっていきます。

201711tintanpaitan_17.jpg


こちらは、熱いうちに濾す様にしています。


少量ずつ使える様にタッパで保存

201711tintanpaitan_18.jpg


熱いうちに濾す理由としては、使用時に上に浮いて固まった油を手鍋で沸騰させ再乳化させるのですが、冷却してから濾すと、その過程で油が分離してしまい、各タッパ毎に油量を均一にするのが難しくなるからです。


今回、気付いた事としては、仕込み量を減らすと、鍋を小さくしたのと同じで、沸騰までの時間が短くなったり、火力をある程度下げてもすぐに沸騰しかけてしまうという点です。
今までの気持ちで、つい気を抜いてると、うっかり清湯を沸かして濁らせてしまいそうになりました。

作りたい量に応じて、適切な火力というのを目で見て、しっかりとコントロールするというのが重要かなと思いました。
posted by BBSHIN at 00:47| Comment(0) | スープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。