2015年04月19日

たまり醤油らぁ麺

関ヶ原たまりを用いたラーメンを作ってみました。

使用するのは、

・鶏清湯スープ
・たまり醤油
・イワシ魚醤
・昆布塩ダレ

です。
(イワシ魚醤は、隠し味的に少量を用いました)

たまり醤油らぁ麺

tamarisyoyuramen_1.jpg

tamarisyoyuramen_2.jpg


たまり醤油自体が深みのある良い醤油なので、特に工夫をせずとも醤油風味全開のスープとなってくれます。

最近作った中でも良い出来となり、自信を持って人に出せる仕上がりとなりました。
美味しかったですね。


たまり醤油らぁ麺について
posted by BBSHIN at 23:49| Comment(0) | ラーメン

関ヶ原たまり醤油を購入

業務用食材店にて「関ヶ原たまり醤油」を購入してみました。

sekigahratamarisyouyu.jpg


濃い口醤油などと比べても、更に濃い醤油風味が特徴的です。
熟成期間が長く、旨味が凝縮しています。

色もかなり濃いですね

塩分量に対して、味や色が濃いので、色が黒く醤油風味たっぷりのラーメンを作れます。

出汁を加えたり、他の調味料を混ぜたりなどの醤油ダレにせずとも、単に醤油だけで印象的な味に仕上げる事が出来ます。
posted by BBSHIN at 23:30| Comment(0) | 食材購入

2015年04月05日

真空パック器を用いた鶏チャーシュー作り

真空パック器を用いて鶏チャーシューを作りたいと思います。

今回は真空低温調理ではなく、茹でる事で肉の旨味が流れ出す事を防ぐ事を目的で真空パックを用いています。

使うのは鶏の胸肉です。

torityasyu_201503_1.jpg


真空パックにします。

torityasyu_201503_2.jpg


沸騰させない様にゆっくり茹でます。

torityasyu_201503_3.jpg

torityasyu_201503_4.jpg

torityasyu_201503_5.jpg


沸騰状態を保ち、高温で茹でると、パックの中が肉汁で溢れかえってしまうので、タレで煮込んだりする場合と変わらない状態となってしまうので、温度管理は要注意です。


タレに漬け込みます。

torityasyu_201503_6.jpg


鶏肉は豚肉よりも味の染みこみが早いので、豚の時よりも塩分低め、もしくは漬け込み時間を短くした方が良さそうです。


出来上がり

torityasyu_201503_7.jpg


カットしてみると

torityasyu_201503_8.jpg


狙い通り、肉の旨味がしっかりと残ったしっとりとした鶏チャーシューが出来上がりました。

真空パックを用いたりしなくとも、オーブンを用いても似た様な仕上がりにする事が出来ます。
posted by BBSHIN at 23:20| Comment(0) | 具材・トッピング