2023年08月27日

手軽に椎茸出汁を加えられる「しいたけっ粉」

スープを作る際、素材から出汁を加える事が多いかと思いますが、粉末状のものは手軽に出汁をプラスする事が出来ます。

ラーメンで良く使われるものは魚粉です。

煮干し粉や鰹粉などを用いると素材から出汁を取るよりもはるかに短時間でスープに出汁感を加える事が出来ます。

素材は小さければ小さいほど、出汁が出るまでの時間が短くなるので、粉末状は最も短時間で出汁が出る素材といっても良いでしょう。

私が使っている品の一つがこちらです。

しいたけっ粉

shiitakekko.jpg

通販サイトなどでも一般家庭用などとして良く売ってる品です。




これをスープに加えると手軽に椎茸出汁を加える事が出来ます。

味の調整をする際、粉末だと便利な点があります。
それは、タレ、スープを合わせ出来上がったスープの味が少し物足りなく
「あの素材を足してみたい」
などと思った時、再度作り直すには手間がかかってしまいます。
そうした時に粉末状の素材をプラスすれば、瞬時に加えた場合の変化を把握する事が出来ます。

大体の方向性と分量を理解出来れば、次は粉末でなく、煮込む際に素材として更に良質なものに切り替え、より良いものに仕上げる為の参考とする事が出来るでしょう。

とりあえず、「しいたけっ粉」はなかなか便利な一品です。

ラーメンスープの味の調整のみならず、日ごろの食事で味噌汁に加えたりなど、色々な利用法もあるのでお勧めです。
posted by BBSHIN at 23:03| Comment(0) | 食材購入

2023年05月20日

鶏肉と煮干しスープの正油らーめん

鶏肉と煮干しから取ったスープでラーメンを作ってみたいと思います。

今回のコンセプトは「手軽」かつ「安価」です。

ですので、今までの様に家庭用としては大き過ぎる位の寸胴などは使用しません。

仕込みについては以下の通りです

鶏肉と魚介素材から簡単なスープ作り

鶏肉と魚介素材から簡単なスープ作り

少量のネギ油

といった形で作ったスープ、醤油ダレ、鶏チャーシュー、ネギ油を用いた一杯がこちら

鶏肉と煮干しスープの正油らーめん

ramen20230501_1.jpg

あっさりとしていますが、魚介系の出汁がしっかりと出ており、重厚な飲み応えとなっていました。
醤油の風味もしっかりと出ています。
旨味調味料不使用ですが、魚介素材多めな事と、ナンプラー、塩麹によりしっかりとした旨味となっていました。

動物系に関しては、鶏チャーシューとしても食べようと思い、肉にある程度旨味を残した事もあり、鶏出汁は弱めです。
鶏ガラをたっぷりと使った時と比べ、鶏感はかなり抑えめでした。
ただ、それは作る前から予想出来ていた事なので、そのかわりに煮干しなど魚介系の割合と強め、方向性を魚介系とし補完した形としました。

手軽に動物系出汁を出すので、あれば挽き肉を用いても良いでしょう。
「安価」がテーマなので、出汁ガラの肉は味付けをしてそぼろ丼にしたり、肉味噌としてのせる形になるかと思います。

水量に対し素材を多く使う事で、少量でも旨味のしっかりとしたスープを作る事が出来ました。
posted by BBSHIN at 22:07| Comment(0) | ラーメン

2023年05月06日

少量のネギ油を作る

あまりお金と時間をかけずに、肉と煮干しからとったスープでラーメンを作る際、上に浮かす油としてネギ油を作る事にしました。

香味油を作る理由としては、鶏ガラなどえはなく、鶏肉から出汁を取り、鶏皮などは使用しなかった為、スープを取る際に鶏油が取れなそうだった事もあり、少量の植物性油にネギの香りを移す事としました。

油に細かくカットしたネギを入れて加熱します。

negiabura20230501_1.jpg

negiabura20230501_2.jpg

程よく加熱したら火を止めて出来上がりです。

あまり焦がして焦がし臭がつくのも嫌だったので、適度で止めておきました。

使用したネギはそのままスープに浮かしても良し、取り除いて油のみを使用しても良いでしょう。
posted by BBSHIN at 16:01| Comment(0) | ラーメン